読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪道でスリップしてしまったときの対処法

お題「雪」

おはようございます、Youです!

 

現在、日本海側の山沿いを中心にが降り続き、平地でも大雪な状態となっています。

 

 

もちろん富山県でも順調に雪が降り続けています。

 

 

その結果、車を運転する身として、気になってくるのが、

 

そう、

路面の凍結です。

 

 

現在富山県内の気温は-2℃となっており、

路面が凍結しています。

※昨晩の様子

f:id:y_ou12:20170115232653j:image

 

路面が凍結することで起こってくるのが、車のスリップ事故です。

 

 

そして、冬の事故原因で最も多いのが、このスリップ事故なのです。

 

それを回避するための方法をいくつか紹介していきたいと思います。

 

スリップはなぜ起きるのか

 運転中、突然ブレーキが効かなくなったり、ハンドルをとられてしまうスリップ。

その原因は、ではなく、にあったのです。

 

なぜなのかというと、圧雪などはタイヤとの摩擦が高いのに対し、その間にのような液体を挟むと、途端に摩擦が低下し、スリップ現象が起こります。

 

これがスリップが起こるメカニズムです。

 

スリップしてしまったら

自動車学校で聞いたことがあると思いますが、

スリップを始めたら、滑る方向へハンドルを切る。

 

これが一番だと思います。

ただし、気を付けないといけないのは、滑った方向にハンドルを切ったままだとそのままその方向へ進んでしまうので、スピンの挙動がおさまるのを感じたら、すぐにハンドルを進みたい方向へ戻しましょう。

ABSがついている場合は、ブレーキを踏んだ方がいいと言われていますが、

ABSがついていない場合は滑ったからといってブレーキを踏むのはあまり好ましくありません。

 

おわりに

スリップを絶対にしない方法はありません。

あくまでも自己を最小限にするためにできることですので、

雪道の対策(急な動作は避ける、車間距離を開ける、チェーンの着脱)は怠らないようにして、

できるだけ安全運転を心がけましょう。

 

私も気を付けます。